ブルーベリーアイで目の疲れをとろう|仕事や勉強がはかどる効果あり

このエントリーをはてなブックマークに追加

青魚に含まれる脂肪酸

黒い錠剤

体では作れない成分

EPAは多価不飽和脂肪酸の一種でエイコサペンタエン酸が正式名称です。これは人間の体内では作ることのできない必須脂肪酸です。そのため毎日の食事から摂取することが必要となります。EPAが多く含まれているのは主にイワシやサバ、アジ、サンマなどの青魚です。簡単にEPAを摂取するならサプリメントがおすすめです。サプリメントにはEPEとよく似た成分のDHAも一緒に配合されている製品が多く見られます。DHAも同じく必須脂肪酸で青魚に多く含まれる成分なのです。どちらも血液をサラサラにして中性脂肪やコレステロールを減少させる働きがあります。それにより高血圧や高脂血症などの生活習慣病を予防したり軽減することができます。

セロトニンの分泌も促す

EPAとDHAは強い抗炎症作用がありアトピーや花粉症の症状を緩和させる働きがあります。またこの二つの成分を継続的に摂取することによりうつ病や認知症などを軽減する効果もあります。これはEPAとDHAが脳内の神経物質であるセロトニンの分泌を促す作用があるからです。セロトニンは精神を安定させる効果があり抗うつ薬としても利用されています。EPAとDHAのサプリメントの人気が高いのは抗ガン作用やガンの予防効果があることがわかったからです。現に青魚を多く食べる人はガンになりにくいという研究結果も出ています。またDHAは脳や網膜にも存在する成分で記憶力や視力を向上させる働きがあります。この二つの成分をサプリメントで同時に摂ることで大きな効果が期待できます。