ブルーベリーアイで目の疲れをとろう|仕事や勉強がはかどる効果あり

このエントリーをはてなブックマークに追加

血液検査でわかる糖尿病

数種類のサプリメント

糖質を制限する食事が必要

糖尿病は初期症状がわかりにくい特徴があり、異変に気づいた時には進行している場合が多いのです。夏でもないのに急に喉が渇いたり、尿の回数が多くなったりした時は糖尿病の疑いがあります。病院で血液検査をすると、ヘモグロビンa1cの値によってすぐにわかります。ヘモグロビンa1cの値が6.5パーセント以上の場合は糖尿病の疑いがあります。ヘモグロビンa1cの値を正常値に下げるためには食生活の工夫が必要になります。例えば糖質を制限するような食事メニューにします。炭水化物や甘い食べ物を控えるようにすれば、ヘモグロビンa1cの値を下げることができます。また、糖尿病に効果のあるサプリを飲む習慣をつけることによって、常に正常値を保つことができます。

血糖値よりも正確な検査

病院でヘモグロビンa1cの値を調べるためには、朝食を食べないで血液検査をします。食べてしまうとその成分によってヘモグロビンa1cの値が変化してしまうので、正常な測定ができなくなるからです。糖尿病かどうかは血糖値を計ることによってもわかります。血糖値は指先から血液を採取して、その場で検査できるようになっています。この場合は食後1時間してから計るのが良いとされています。血糖値が140以上あると高いと判定されます。血糖値の場合は採血時点の状態しかわからないのですが、ヘモグロビンa1cの場合は過去1ヶ月から2ヶ月の血糖値の平均値を知ることができます。そのため糖尿病の状態を把握するためには3ヶ月に1度の割合でヘモグロビンa1cの検査をする必要があるのです。